沿革

    2014年7月 「CRICシンポジウム」開催
    2013年1月 事務所を現在地へ移転
    2012年4月 公益社団法人に移行
    2011年6月 Web教材「5分でできる著作権教育」公開
    4月 月刊「コピライト 創刊600号記念号」発行
    3月 「そこが知りたい 著作権Q&A100」発行
    2010年7月 「学校における著作権教育アンケート調査」実施 (2011.3報告書作成)
    2009年9月 CRIC創立50周年
    月刊「コピライトCRIC創立50周年記念号」発行
    2月 「出版・マンガビジネスの著作権」発行
    2008年10月 「音楽ビジネスの著作権」発行
    2007年8月 文化庁著作権課長による「著作権特別講演会」開始
    3月 「映画・ゲームビジネスの著作権」発行
    2006年1月 「ライブ・エンタテインメントと著作権」発行
    2005年8月 在外研修員派遣開始
    4月 著作権教育実践事例顕彰事業開始
    「裁定利用に関する権利者捜し」ポータルサイト開設
    2004年9月 CRIC創立45周年
    6月 「学校における著作権意識等に関する実態調査」実施 (2004.10報告書作成)
    3月 著作権情報センター著「イラストで学べる著作権 全3巻」(汐文社)発行
    2002年12月 月刊「コピライト 創刊500号記念号」発行
    4月 著作権思想普及ビデオ貸出開始
    KIDS CRICホームページ開設
    2000年11月 「著作権白書―著作権産業の側面からみて―」発行 研究叢書発行開始
    1999年9月 「コミックでわかる著作権」発行
    7月 著作権法100年記念事業
    市民のための著作権講座開始
    4月 附属著作権研究所開設
    1998年4月 会報「The CRIC」創刊
    1997年8月 事務所を東京オペラシティに移転
    資料室の一般公開開始
    3月 ASEAN/JAPAN著作権国際セミナー(東京セミナー)開催
    1996年10月 CRICホームページ開設
    8月 著作権・著作隣接権懸賞論文募集開始 (1997.9第1回入賞論文発表)
    2月 著作権相談室開設
    1994年11月 アジア地域著作権・著作隣接権に関する特別研修(東京特別研修)実施 国際協力・交流事業本格化
    1993年3月 「学校教育と著作権」発行 著作権パンフレット発行開始
    1992年4月 著作権情報センターと改称
    1983年3月 外国著作権法翻訳発行開始
    1974年2月 「著作権法逐条講義」「著作権法ハンドブック」発行 出版事業本格化
    1969年5月 著作権研修講座(現・著作権ビジネス講座)開始
    1967年2月 著作権資料センター(現資料室)開設
    1962年3月 月例著作権研究会開始
    1961年9月 文部大臣から社団法人著作権資料協会として設立許可
    4月 月刊「コピライト」創刊
    1959年9月 著作権資料研究所として発足

    ページの上部へ戻る