セミナーのご案内

    CRICでは、初めて著作権について学ぶ方から、著作権法の専門家まで、さまざまな方を対象とした講座や研究会を開催しています。CRIC賛助会員には会員価格でご参加いただけます。

    ご注意

    ◇ いずれのセミナーも事前のお申込みが必要です。
    ◇ 講師は、変更になる場合があります。

    月例著作権研究会

    月例著作権研究会は、8月を除く毎月、学者、弁護士や裁判官等を講師にお招きし、著作権制度に関する研究成果やその実務に関する最新動向、裁判例等を紹介していただく講演会です。

    参加費  会員 7,000円、一般10,000円(各1名・消費税含)

    2019年6月著作権研究会

    ⇒ 開催案内・申込書PDF版

    ⇒ オンライン参加申込フォーム

    日時
    2019年6月12日(水)10:00~12:00
    会場
    アルカディア市ヶ谷(私学会館) TEL03-3261-9921(JR/地下鉄・市ヶ谷駅下車)
    演題
    実演家の権利と外延を考える
    講師
    大江 修子 氏 弁護士 (TMI総合法律事務所)
    概要
    ライブ・エンタテインメントの醍醐味は、見せる側と見る側とが時間と空間を共有する中で、一期一会のパフォーマンスが生み出されることにあります。このようなパフォーマンスに関して、著作権法は誰にどのような保護を与えているのか。近時急成長のeスポーツなども視野に入れつつ、実演家の範囲と権利関係について、整理検討を試みます。

    主な講義項目(予定)

    1.実演家の権利概論

    2.著作隣接権としての実演家の権利
      ~何故、何を保護しているのか    

    3.実演家の範囲と権利関係
     (1)舞台芸術
     (2)スポーツ

    2019年5月著作権研究会

    ⇒ 開催案内・申込書PDF版

    ⇒ オンライン参加申込フォーム

    日時
    2019年5月17日(金)10:00~12:00
    会場
    アルカディア市ヶ谷(私学会館) TEL03-3261-9921(JR/地下鉄・市ヶ谷駅下車)
    演題
    著作権法改正による利用許諾に係る対抗制度の導入とその関連問題について
    講師
    松田 俊治 氏 弁護士 (長島・大野・常松法律事務所)
    概要
    現行著作権法下には、ライセンス契約を締結しても、対象著作権が第三者に譲渡された場合やライセンサー倒産時に利用者の権利保護が脆弱であるという問題が存在する。その解決を検討していた文化審議会著作権分科会は、2019年2月に報告書を取りまとめ、現在のところ、本年の通常国会に利用許諾に係る当然対抗制度を盛り込んだ法案が提出見込みである。そこで、その内容や実務的な留意点を、関連する問題と併せて紹介したい。

    主な講義項目(予定)

    1.利用許諾に係る対抗制度の導入の必要性~利用権限の脆弱性の問題

    2.法制・基本問題小委員会による改正に向けた検討の経緯等

    3.新たに導入される当然対抗制度の概要と関連する問題(他の知財法の状況)等

    4.法改正後の実務的な留意点等

    5.独占的ライセンスの保護等、ライセンス取引を巡るその他の問題について

      
     

    著作権ビジネス講座

    著作権ビジネス講座は、著作権等の実務に関するテーマを設定し、そのテーマに沿って、理論、実務、裁判例、契約等の論点や課題を主に実務家の方々に紹介することを目的に、毎年、関東地区と関西地区において2日間の日程で開催している研修会です。著作権制度の基礎的な内容を半日で学んでいただくコースも設定しております。

    参加費 A・B各コース(2日間参加)/会員34,000円、一般42,000円(各1名・消費税含)

        Aコース(1日目のみ参加)/会員20,000円、一般25,000円(各1名・消費税含)

    2019年度テーマ:

    著作物の利用における注意点を学ぶ ~エンタテインメントビジネスにおける各分野の様々なケースを考える~

    関東地区著作権ビジネス講座

    ⇒ 開催案内・申込書PDF版

    ⇒ オンライン参加申込フォーム

    会場: アルカディア市ヶ谷(私学会館) TEL03-3261-9921(JR/地下鉄・市ヶ谷駅下車)

    開催日時 コース 講師

    2019年7月18日(木)

    (13:00~17:20)

    Aコース 高瀬 亜富 氏(内田・鮫島法律事務所 弁護士)
    Bコース 小林 利明 氏(骨董通り法律事務所 弁護士)
    Bコース 市村 直也 氏(橋元綜合法律事務所 弁護士)

    2019年7月19日(金)

    (10:00~15:00)

    A・Bコース共通 安岡 美香子 氏(東京地方裁判所 民事第46部 裁判官)
    A・Bコース共通 前田 哲男 氏(染井・前田・中川法律事務所 弁護士)

    関西地区著作権ビジネス講座

    ※申込開始まで今しばらくお待ち下さい。

    会場:  京都ガーデンパレス TEL075-411-0111  (地下鉄・丸太町駅下車)

    開催日時 コース 講師

    2019年10月3日(木)

    (13:00~17:20)

    Aコース 高瀬 亜富 氏(内田・鮫島法律事務所 弁護士)
    Bコース 小林 利明 氏(骨董通り法律事務所 弁護士)
    Bコース 市村 直也 氏(橋元綜合法律事務所 弁護士)

    2019年10月4日(金)

    (10:00~15:00)

    A・Bコース共通 大門 宏一郎 氏(大阪地方裁判所 第21・26民事部 裁判官)
    A・Bコース共通 前田 哲男 氏(染井・前田・中川法律事務所 弁護士)

    著作権特別講演会

    著作権特別講演会は、著作権制度をめぐる行政の中心にある文化庁の著作権課長を講師にお迎えし、その最新動向を広く一般市民に知っていただくことを目的に開催している講演会です。    

    ※申込開始まで今しばらくお待ち下さい。

    参加費: 会員、一般とも 3,000円(各1名・消費税含)

    会場:   アルカディア市ヶ谷(私学会館) TEL03-3261-9921(JR/地下鉄・市ヶ谷駅下車)

    演題:  著作権行政をめぐる最新の動向について

    概要:  著作権をめぐる行政の最新の動向、および今後の検討課題などについて解説します。

    開催日時 講師

    2019年8月2日(金)

    (10:00~12:00)

    水田 功 氏(文化庁著作権課長)予定

    著作権集中イブニングセミナー 〈全4回〉

    ※本講演は定員に達しましたので、申込受付を終了しました。

    著作権集中イブニングセミナーは、様々なビジネスと著作権との関わりを講師とディスカッションしながら、数週間にわたり集中的に学ぶ、少人数規模のセミナーです。

    演題: 出版ビジネスの著作権

    講師: 桑野 雄一郎 氏 弁護士(高樹町法律事務所)

    開催日/講義内容(予定)
    【第1回】2019年5月14日(火)/「著作物性をめぐる諸問題 」
         歴史的事実・客観的事実を題材とした作品/引用の要件/参考文献としての表示
    【第2回】2019年5月21日(火)/「著作権の帰属をめぐる諸問題」
         写真と映像/編集著作物・共同著作物・結合著作物/ゴーストライター
    【第3回】2019年6月 4日(火)/「出版社の権利をめぐる諸問題」
         出版権設定契約と期限付き著作権譲渡契約
    【第4回】2019年6月11日(火)/[小説・マンガの映像化をめぐる諸問題と海賊版対策
         映像化に関する紛争事例/ブロッキング・リーチサイト・私的違法DL  

    時間: 各回 18:00~20:00(概ね講義100分、質疑応答20分の予定)

    会場CRIC会議室 東京都中野区本町1-32-2ハーモニータワー22階 (丸の内線・都営大江戸線中野坂上駅徒歩3分)

    定員: 20名(先着順、定員になり次第締切)

    参加費(全4回)
    ・会 員 44,000円(各1名・消費税含)
    ・一 般 62,000円(各1名・消費税含)

    *1回毎の受講のお申込みは、申込締切後、定員に達していない場合に限り受け付けます。
    その場合の参加費は以下のとおりとなります。
    【1回毎の受講の場合】
    ・会 員 16,000円(各1名・消費税含)
    ・一 般 22,000円(各1名・消費税含)

    *参加者には、『出版・マンガビジネスの著作権(第2版)』を1冊進呈します。

    申込締切:5月8日(水)
    *1回毎の受講をご希望の場合、定員に達していない場合に限り5月9日(木)からお申込みを受け付けます。

    ページの上部へ戻る